読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛は古典的。

音楽なくして生きていけない、

というわけではない。

少なからず、僕は音楽と密接に暮らしていきたいという願いがある。

 

 

iPod classicが販売終了、少し前から一部で話題に。

Amazonやオークションではプレミア価格になっているらしい。

 

f:id:hynm_hiranuma:20150113112513j:plain

 

愛用者としては、

あの独特の操作感覚、

クリックホイールがラインナップから消えてしまったのは寂しい。

 

廃盤の理由は諸説あるが、

多くが部品の供給が理由らしい。

 

こわれたら修理してもらえるのだろうか、

今のうち部品取り用にジャンクストックをこさえておくべきだろうか。

どちらにせよ、不安はよぎるばかり。

 

 

今時、

iPhoneで事足りるけれど、

イヤホンをハメたらそこは自分の占有できる世界。

音楽を聴くという行為に没頭できる。

 

もちろん、

NIKE+とか、連動したアプリは凄く便利だし、

僕もその時は、iPodnanoかiPhoneを使っているという、

便利さには勝てない部分もある。

 

音楽を聴くということは犯されたくない絶対領域

ただ、nanoもiPhoneもラジオが聞けるのは嬉しいという、

便利さには勝てない矛盾。

 

 

どこぞのGEEKが、

iPhoneアプリでmusic起動時に

スクリーンにクリックホイールが表示されるなんつう

洒落たアプリとか作ってくれないかな。 

 

そういった無駄は評されるよ、きっと。

 

 

レコードを愛したひとも、

カセットテープを愛したひとも、

データで管理するひとも、

みんな、共通して音楽は好きなはず。

 

うん、クラシックはカッコいい。

 

 

 

てはなし。